むち打ち・首の痛み

むち打ち漫画・むち打ちとは?
正式には「外傷性頸部症候群、頸椎捻挫」といいます。
主に首や背中に急激なショックが加わり固定していない首がムチのようにしなったことが原因で首、肩、背中に痛みが出てくる状態をいいます。

・むち打ちになるとどうなる
交通事故直後は身体が興奮状態で痛みを感じにくい場合があるので、翌日や数日たってから痛みを感じることがあります。
痛み以外にも神経の密集した首を痛めるので、めまい、吐き気、頭痛、しびれが現れる場合もあります。
むち打ちになると筋肉以外に神経も損傷しているので自律神経系の食欲不振、脱力感をともなう事もあります。

・むち打ちになる事への影響
交通事故後に専門の医療機関でレントゲン、MRIで撮影しても骨には異常がないので「特に異常なし」と言われ湿布と痛み止めだけで帰される事があります。
むち打ちは個人差があり、周りからは辛い状態が分からないため孤立し悩みを相談できないといった状態に陥ることがあります。

・接骨院で治療する意味
むち打ちは骨以外でも筋肉や神経などの軟部組織も損傷しているので病院では「レントゲンに異常なし」と言われた方でも不調が続く事があります。

接骨院ではレントゲンに映りにくい軟部組織の損傷を得意としていますので、医療機関と併院して通って頂くこともできます。
また事故により腰痛がさらに酷くなる方もいらっしゃいます。
事故で痛めた部位だけでなく全身をみて施術していくことができます。

・むち打ちの回復方法
一度、むち打ちになると少し楽になったと思っていても雨の日や身体が弱ってくると頭が痛くなったり、気分が落ち込んだり、繰り返し身体の不調が現れます。
事故で痛めた部位だけをみてもらっていても、不調が続くときは全身からチェックしてもらえる接骨院にお越しください。
交通事故による衝撃で骨格に歪みが起きることがありますが、日常の生活でも身体の歪みはおきます。
痛めた首だけでなく足の揃い具合などしっかりカウンセリングして本当の原因を突き止めます。
事故による精神的不安、トラブルなどにも最後までサポートさせて頂きます。

施術写真