事故のケガ・リハビリ

事故後のリハビリ漫画・交通事故後の過ごし方
交通事故に遭うと肉体的、精神的にもショックで「家から出たくない」「何もしたくない」といった状態に陥ることがあります。
身体を安静にリラックスできる状態で過ごすことは大切です。
ですが、たとえ外傷のようにすぐ分かる怪我はなくても事故の衝撃を受けた身体には様々な影響が出ています。
外に出るのが億劫だからといって、湿布や痛み止めのその場しのぎの対応をしていたら、痛みが引かず他の部分にまで不調が現れることになります。
事故の怪我は早急に専門の医療機関、接骨院でみてもらい早期回復に向けて施術をスタートさせることをおすすめします。

・交通事故によるリハビリの必要性
交通事故のリハビリは外傷のような目に見えるものばかりでなく、むち打ち(頸椎捻挫)などの筋肉、神経を損傷している怪我も多くあります。
自分では(横になっていれば楽になるから)(お金を使いたくない)という理由からそのままにしている方も多くいらっしゃいます。
交通事故のリハビリに自賠責保険が適用されると窓口での負担が無く費用を気にせずリハビリを受けることができます。
事故から時間がたつほどリハビリの効果を感じにくくなります。
「リハビリをすれば回復していたかもしれない」となる前に施術を始めることをおすすめします。

・接骨院のリハビリとは
整形外科などの専門の医療機関ではレントゲンやMRI検査などの画像で異常がないか判断してもらいます。
接骨院では画像では映りにくい軟部組織の損傷を得意とします。
リハビリでは事故直後には気づかなかった痛みや長引く違和感、しびれに重点を置きます。
交通事故に遭うと身体は大きな衝撃を受けています。
そのため骨格の歪みが大きくなり様々な不調がでてきます。
接骨院ではまず全身をチェックすると骨盤の位置がずれていたり、足の開きが違っていたり客観的に歪みが分かります。
歪みがあると内蔵の位置、神経にも影響が出てくるので、まず歪みを調整して正しい位置にします。
正しい位置になると内蔵は本来の機能を取り戻し、神経に血流が戻り身体の隅々まで神経伝達がスムーズになります。

施術写真