ACUPUNCTURE

鍼灸メニュー

鍼灸の適応 てしがわら接骨院・鍼灸院(フェリチタ併設)

NIH(米国国立衛生研究所)の見解として、鍼灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替医療として有効であると発表しました。

適応例
神経系疾患 運動器系疾患 循環器系疾患
呼吸器系疾患 消化器系疾患 代謝内分泌系疾患
生殖、泌尿器系疾患 婦人科系疾患 耳鼻咽喉科系疾患
眼科系疾患 小児科系疾患
鍼灸はどうして効くの?

鍼や灸の刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系などに作用して、その結果として筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、生体の自然治癒力を高めるとされています。

また、以下のように古来から鎮痛効果が認められています。

鎮痛効果
ゲートコントロール 鍼灸の刺激により、ゲートコントロールとよばれる作用が働き、脊髄レベルで痛みを抑制します
エンドルフィン 鍼灸の刺激により、エンドルフィンとよばれる脳内物質が分泌され、痛みを抑制する
末梢神経の信号遮断 鍼灸刺激が末梢神経の痛みの信号を遮断する
痛みを感じにくくする ツボ(経穴)を刺激することにより、疼痛閾値が上がるため、痛みを感じにくくなる
血液循環改善 鍼灸刺激が筋肉の緊張を緩め、血液循環を改善する

※当院の鍼は『ディスポ―サブル鍼(使い捨て鍼)』を使用していますのでご安心ください。

てしがわら接骨院・鍼灸院(フェリチタ併設)
てしがわら接骨院・鍼灸院(フェリチタ併設) てしがわら接骨院・鍼灸院(フェリチタ併設)
てしがわら接骨院・鍼灸院(フェリチタ併設) てしがわら接骨院・鍼灸院(フェリチタ併設)
てしがわら接骨院・鍼灸院(フェリチタ併設)