膝の痛み|てしがわら接骨院・鍼灸院~本庄市・上里町~

 

本庄市・児玉郡上里町 てしがわら接骨院・整体院院長の勅使河原です。

 

膝の痛みで悩まれている方は多いと思います。

・病院で膝が変形していると言われた

・よく膝に水がたまる

・膝が痛くて歩くのがつらい

・正座ができない

・膝の内側が痛む

 

このような症状でお悩みではありませんか?

 

 

本庄市・児玉郡上里町のてしがわら接骨院・整体院には膝の痛みで悩んでいる患者様が大勢いらっしゃいます。

 

ある一定以上の年齢の方が膝の痛み・膝痛を訴え、病院や整形外科を受診すると、レントゲンで「膝が変形してる」「膝の軟骨がすり減っている」「もう治らない」などと言われます。そして、変形性膝関節症と診断を受け、湿布や痛み止めの処方、関節に注射をして様子をみるといった処置が多いようです。

 

また一般的な整骨院では電気とマッサージを毎日行うようです。

 

それで改善が見込めるのでしょうか?そもそも膝の痛み・膝痛がでる根本原因とは何なのでしょうか?

 

当院にも膝の痛み・膝痛で病院や整形外科で診断を受けた方がいらっしゃいます。

 

しかし、膝の軟骨は痛みを感じる神経がなく、すり減ったからと言って痛みが出ることは考えにくいのです。

 

実際には膝の周りの筋肉、靭帯などの組織に炎症や緊張が起こり膝の痛みが出てくるのです。

 

ということは、膝に過度な負担がかからないようにすることが重要になります。

 

膝の負担が増える要因としては骨格のゆがみがあります。特に足関節と股関節のゆがみがポイントです。

膝は中間管理職的な存在で、部下である足関節や上司である股関節の間に挟まれる、大変ストレスの多い関節なのです。部下である足関節が働かなければ膝関節がその分余計に働かなければなりませんし、上司である股関節がしっかりしていないと膝関節がカバーしないといけません。

 

どの分野でも中間管理職って大変ですね(笑)

 

つまり、股関節と足関節のゆがみによる可動域の低下が、膝関節への負担を増大させ、膝の痛み・膝痛を誘発するのです。

 

さらに、骨盤のゆがみが生じると、足の長さが違ってきます。足の長さが変わると荷重バランスが崩れ、膝への負担をさらに増大させます。

 

膝が痛いからと言って、膝だけを診ていては何の問題の解決にもならないということですね。

 

骨盤矯正、股関節・足関節の骨格矯正を行い、根本改善を目指しましょう!

 

 

【膝の痛み・膝痛の施術のご予約・お問い合わせ】

☎0495-35-3800

 

膝の痛み・膝痛の詳細はコチラ↓

http://teshigawara-web.com/menu_06.html

 

てしがわら接骨院・鍼灸院HP

http://teshigawara-web.com/

 

エキテンにて地域口コミNo.1!

https://www.ekiten.jp/shop_6798239/

 

てしがわら接骨院・鍼灸院(フェリチタ併設)